タグ: 効力

相続手続きで遺言を取消できる場合

遺言を取消とは、取消によりいったん有効に成立した。遺言の効力は将来に向かって効力を失うことです。遺言は遺言者の死亡によって初めて効力が生じます。

遺言を取消とは、取消によりいったん有効に成立した遺言の効力は将来に向かって効力を失うことです。

遺言は遺言者の死亡によって初めて効力が生じます。
◆後の遺言が前の遺言に抵触する時
◆遺言者が前の遺言に抵触する生前処分や法律行為をした場合
“相続手続きで遺言を取消できる場合”の詳細は »