本来あるはずの相続の資格のない場合

遺言によってもその指定は可能であるが、家庭裁判所が認定するにはハードルが高いです

ある人物の死亡(被相続人)によりその人の
権利を、決まった一定の人間が受け継ぐことを相続といいます。
相続するものは以下のものがあります。
まず何を相続し・・・相続財産は?
“本来あるはずの相続の資格のない場合”の詳細は »

相続でローン支払い中の不動産処分

相続で抵当権付きの不動産処分には次の方法がありますよ

住宅ローン返済中でも相続する不動産を処分することはできるのでしょうか?

返済中ということは金融機関などに抵当権の設定がされているはずですね。
“相続でローン支払い中の不動産処分”の詳細は »

最新の記事 »