遺言がみつかったとしても、遺産分割協議は可能

遺言とは、遺言者が亡くなったあと、自分の財産の承継者を指定するもので
相続人らは、この遺言のとおりに従うことが期待されています。

しかし、この遺言のとおりにでなく
相続や遺贈について、放棄することが認められています。

ですから、財産を受け取るべき人が、拒絶すれば
これを受け取らなくてもかまいません。

遺贈を放棄することを、民法上、できると規定しています。

では、遺贈の放棄があったとすれば
その遺言は、最初からなかったものとされます。
そうしますと、その遺産については、共同相続人全員の
遺産分割協議で、帰属者を決めることができます。

しかし、遺贈を放棄したからといって、相続放棄をしたことにはなりません。
よって、遺贈を放棄した相続人も、遺産分割協議に加わり
遺産を相続することができます。

また、相続人全員の協議により
自由に遺産分割をすることができます。

仮に、遺言がみつかったとしても、
相続人及び受遺者全員で話合いの結果、
遺言とは異なる分割をするこもとできます。

«
 

トラックバックURL