適用したいのが相続における贈与税の特例

個人の贈与税の基礎控除は年間110万円とされています。
従って、その金額までは課税されないことになっています。また相続が発生した場合、遡って課税されることもあります。年間110万円を超える部分に対して課税される税率は、金額により10%から50%と徐々に高くなる、いわゆる累進課税制度を適用しています。

2003年度(平成15年度)より、「相続時精算課税」制度が創設、これは贈与税・相続税を通じた納税を可能とした制度です。

贈与者が65歳以上、受贈者が贈与者の推定相続人(代襲相続人も対象)で20歳以上とされ、年齢判定は贈与があった年の1月1日時点)、親のその子供が該当する場合がほとんどです。

2008年度(平成20年度)現在、控除額は2,500万円で、複数年に渡り利用することができます。
贈与税の課税制度には、「暦年課税」と「相続時精算課税」の2つがあります。
一定の要件に該当する場合には、相続時精算課税を選択することができます。一度選択したら、後からの変更はできません。

★ 贈与税額の計算
相続時精算課税の適用を受ける贈与財産については、その選択をした年以後、相続時精算課税に係る贈与者以外の者からの贈与財産と区分して、その贈与者(親)から1年間に贈与を受けた財産の価額の合計額を基に贈与税額を計算。相続の強い専門科に相談すると税金も安心、相続専門の税理士を紹介しておきます。

その贈与税の額は、贈与財産の価額の合計額から、複数年にわたり利用できる特別控除額を控除した後の金額に、一律20%の税率を乗じて計算します。

ただし、限度額:2,500万円とします。前年以前において、既にこの特別控除額を控除している場合は、残額が限度額とされます。

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む