生前の感情のもつれで相続手続きだけでもめごとに

誰かが無くなると葬儀や49日など多忙な日々が始まり、
親族などは疲れがピークになります。
そのほか法要や御香典返し、納骨なども加わって御墓の準備なども
必要になってきますね。
こんなときに相続について全員の親族が意識をもって取り組むことは
非常に大きな負担ですし、不可能な場合も多いでしょう。
しかし、相続が発生すると被相続人の預金口座などが凍結されます。
いわゆる引き出せなくなるのです。
ですので相続が起きたことを金融機関が知る前に、必要な
資金を下ろしたりする必要があります。
預貯金が引き出せないと生活資金や葬儀費用などのやりくりも
困ってしまいますから。
それから3カ月以内に行わなくてはいけないこともあります。

相続財産の確定や債務などを調べて作表にまとめたり、
財産分けの話しあいの前準備が必要なのです。
債務がどこにどれだけあるのか?ということも把握しなくては
いけませんし、放棄や限定承認の手続きは相続開始から
3カ月以内に行わなくてはいけません。
相続財産が確定すれば相続人全員の話し合いが必要です。
遺産分割協議というものです。
しかし疲れきっているときですと、大変です。相続手続支援センター川崎駅前に遺産分割協議の相談できます。

この前からもめてしまうこともあるのです。
しかしもめているひまはなく、預貯金を引き出すこともできないので
早く遺産分割協議を行って取りきめをし、名義変更などを
行わなくてはいけません。
特に相続税には申告期限がありますので、注意が必要です。
円滑に財産を分けることは相続税の特例である
小規模宅地等の特例や配偶者控除がうけられますので
大変でしょうが、出来ることは先にドンドン
やってしまうことが大切です。

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む