相続手続きで遺言を取消できる場合

遺言を取消とは、取消によりいったん有効に成立した遺言の効力は将来に向かって効力を失うことです。

遺言は遺言者の死亡によって初めて効力が生じます。
◆後の遺言が前の遺言に抵触する時
◆遺言者が前の遺言に抵触する生前処分や法律行為をした場合
◆遺言者が故意に遺言書を破棄したとき
◆遺言者が故意に遺贈の目的物を破棄したとき
遺留分減殺請求とは
・・・・・遺留分減殺請求の消滅時効
遺留分は相続開始および減殺すべき贈与または遺贈があったことを知ったときより1年以内に、
贈与などを受けて遺留分を侵害している相手方に請求する必要があります。

必ず、内容証明で、遺留分減殺請求します。
遺留分減殺請求は、配達証明付き内容証明ですることをお勧めします。この請求することを遺留分減殺請求といいます。
また遺留分減殺請求は、相続開始のときより、
10年で消滅します。
内容証明でキチンと証拠にしておかなければ、後に、
遺留分減殺請求をしたのかどうかで争うことにつながってしまいます。
遺留分減殺請求をして、交渉しても話しがまとまらないのであれば家庭裁判所で調停、審判という風に進んでいきます。

注意点
遺言と遺留分の関係では、遺留分に反する遺言もすることができます。遺留分に反した遺言も当然に無効にはならず、遺留分減殺請求の対象になるにすぎません。
遺留分は、遺留分を侵害された人(相続人)が、遺留分減殺請求遺留分を返還請求しなければなりません。相続で遺留分について相談できるセンターです。まず、相談がいいでしょう。
これを遺留分減殺請求(いりゅぶんげんさいせきゅう)と
言います。

一流のサービスを提供する相続手続支援センター川崎駅前
遺留分とは、民法が相続人に保証している一定割合の財産をさします。
相続される人(被相続人)は、原則として、自由に
遺言することができます。
xn--8ltrsq61dc8f.jp/

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む