代襲して相続するものと欠格者

代襲相続とは、本来、相続人となるべき相続者が、相続開始前に死亡していたり、相続欠格・相続排除により相続権を失った者に代わって、その子供達が相続する制度のことです。

しかし以下の民法に当てはまる人は相続をすることができません。
次に掲げる者は、相続人となることができない。
1.故意に被相続人又は相続について先順位若しくは同順位にある者を
死亡するに至らせ、又は至らせようとしたために、刑に処せられた者

2.被相続人の殺害されたことを知って、これを告発せず、又は告訴しなかった者。
ただし、その者に是非の弁別※がないとき、又は殺害者が自己の
配偶者若しくは直系血族であったときは、この限りでない。
3.詐欺又は強迫によって、被相続人が相続に関する遺言をし、
撤回し、取り消し、又は変更することを妨げた者
4.詐欺又は強迫によって、被相続人に相続に関する遺言をさせ、
撤回させ、取り消させ、又は変更させた者

5.相続に関する被相続人の遺言書を偽造し、変造し、破棄し、又は隠匿した者
【民法 第891条】に代襲するための欠格者について上記のように記されています。

民法で定められた一定の理由により、相続人としての資格が認められない相続人のことを指しています。
相続欠格事由に該当する者は、本来、得るべきはずであったその相続権を取り上げられてしまうため、相続欠格者の子や孫が、その者に代わって代襲相続することになります。

遺留分を有する推定相続人が、被相続人に対して虐待をし、
若しくはこれに重大な侮辱を加えたとき、又は推定相続人にその他の著しい非行があったときは、被相続人は、その推定相続人の廃除を家庭裁判所に請求することができる。

川崎区の相続の相談が無料のセンター
全国に支部をそなえているのが相続の手続の支援センターです。ここなら相談が無料で助かりますね。
xn--8ltrsq61dc8f.jp

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む