法律で細かく決まっている相続とみなし贈与

みなし贈与財産とは?
贈与とは、「あげます」
「いただきます」という双方合意の契約です。
これは民法上の贈与であり、税法には、この本来の贈与の他にみなし贈与とよばれるものがあり、
このみなし贈与により取得した財産(みなし贈与財産)
にも贈与税がかかります。、「本来の贈与」ではなくても、
実質的に贈与を受けたことと同じように利益があるならば、
贈与があったと「みなす」という意味です。

当人が、贈与である、という認識をしていないことが多く、贈与税の支払いをしないことが多いのです。
税務署に指摘された後で、「みなし贈与」というものに
かかっていると知ることになります。

みなし贈与財産の具体例
・・・・・債務免除益など 債務を免除してもらったり、
他人に肩代わりしてもらった場合。
ただし、資力喪失で債務の返済が不可能である事が明らかな場合、返済が不可能な額については非課税
・・・・・親族間の金銭貸借 無利息部分は贈与したとみなされる。

また、借入金そのものに対して贈与とみなされることもある。
・・・・・生命保険金 自分が保険料を負担していない生命保険金を受け取った場合。
ただし、亡くなった人が自分を被保険者として保険料を・・・・負担していた生命保険金を受け取った場合は相続税の対象。相続手続支援センターは、相続と保険についての相談窓口、このような側面もあるようです。保険と相続税のことで気になったら力を借りれます。

低額譲受 ・・・・・
時価よりも安い価格で財産を譲り受けた場合、時価との差額に対して課税。
名義変更 ・・・・代金を支払わないで財産の名義変更をしてもらった場合など。

財産分与・・・・ 離婚による多過ぎる財産分与があった場合
夫婦財産契約 ・・・・夫婦財産契約で財産をもらった場合

マイホーム関連 ・・・・
住宅購入における購入資金負担割合と所有権登記持分割合が
異なっている場合

信託の受益権・・・・・・
自分が信託をしていない信託の運用益を受け取った場合。
定期金 自分が掛け金を負担していない年金等の定期金を受け取った場合、受け取った定期金に課税。

贈与税の肩代わり・・・・・・ 財産を貰った人の贈与税を贈与した人が支払った場合、その肩代わりしてもらった
贈与税相当額にも課税 される

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む