本来あるはずの相続の資格のない場合

ある人物の死亡(被相続人)によりその人の
権利を、決まった一定の人間が受け継ぐことを相続といいます。
相続するものは以下のものがあります。
まず何を相続し・・・相続財産は?
誰が相続し・・・・相続人
どのようにするか・・・分配ということが大切になってきます。

預貯金
2003年1月6日に施行された「本人確認法」により、
家族の預貯金であっても、勝手に預貯金の払い出しは出来ない。
また金融機関は相続の発生を知った時点で故人の預貯金口座を凍結。

払い出しするにはまず、相続人を確定し遺産分割協議書等を作成する必要がある。
一般的に
○故人の戸(除)籍謄本
○相続人全員の印鑑証明
○遺産分割協議書
○相続人全員が代表者に委任する委任状が必要。
相続資格が内場合には廃除か相続欠格の場合です。
廃除・・・・・被相続人の医師により相続権があるとされる
推定相続く人の相続権を奪うこと。
遺言によってもその指定は可能であるが、家庭裁判所が認定するにはハードルが高い。

川崎の相続の相談に特化したプロ
相続手続支援センターは、状況の調査をしてくれます。
廃除理由よりも家族的な生活の破壊行為が明らかな場合は,
被相続人の意思とは関係なく法律がそのまま適用され、自動的に相続権が奪われることもある
xn--8ltrsq61dc8f.jp/

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む