相続争いを招かず、遺産分割を円滑にするために

相続で家族が気まずくなる・。
よく皆さんが経験されてしまうパターンです。
しかし裁判にまで発展してしまう場合はそれ相応の泥沼が予想されます。
さらに裁判は長期化が予想され、本人の精神的な負担も
並大抵ではありません。感情が入り乱れた恨みつらみの問題に
なってしまうからなのです。
「自分がもらうのは当然」「大したことしてないくせに」
「平等にきっちり分けるべきだ」
「関係のない人が出てこないで」
といったような一言が喧嘩の原因になったということも少なく
ないのです。

 

法定相続人同士で、争うことが無いように
またその関連した相続人にも配慮することが必要です。
円満な解決には気づかいも欠かせません。

(法定相続分)
900条 1項 同順位の相続人が数人あるときは、その相続分は、
次の各号の定めるところによる。
1号 子及び配偶者が相続人であるときは、
子の相続分及び配偶者の相続分は、各2分の1とする。
2号 配偶者及び直系尊属が相続人であるときは、配偶者の相続分は、
3分の2とし、直系尊属の相続分は、3分の1とする。
3号 配偶者及び兄弟姉妹が相続人であるときは、配偶者の相続分は、
4分の3とし、兄弟姉妹の相続分は、4分の1とする。

遺産分割でもめないための協議書の作成方法について
子、直系尊属又は兄弟姉妹が数人あるときは、各自の相続分は、相等しいものとする。ただし、嫡出でない子の相続分は、嫡出である子の相続分の2分の1とし、父母の一方のみを同じくする兄弟姉妹の相続分は、
父母の双方を同じくする兄弟姉妹の相続分の2分の1とする。相続手続支援センター川崎駅前に相談するのもいいかもしれないです。
xn--8ltrsq61dc8f.jp/legacy/

«
 

トラックバックURL

コメントを書き込む