相続人の都合で遺産分割協議ができない

遺産分割の協議は共同相続人全員が
参加して行うことが基本となっています。

どうしても行方が分からなかったりして
相続人がそろわないときには失踪宣告を家庭裁判所に申し立てて審判を依頼することもできます。
民法30条によると「民法 第30条第2項

(失踪の宣告)
条文
戦地に臨んだ者、沈没した船舶の中に在った者その他死亡の原因となるべき危難に遭遇した者の生死が、それぞれ、戦争が止んだ後、船舶が沈没した後又はその他の危難が去った後一年間明らかでないときも、
前項と同様とする。」
この審判によると失踪した場合、7年経過すると死亡したものとみなされます。
しかし身内の行方不明に失踪の宣告をしにくい、
信じがたいというご家族も多いようです。

そんな場合の遺産分割協議を進める方法としては不在者のための財産管理人を家庭裁判所に選任してもらうことです。
そしてその管理人に参加してもらうことで分割協議を
進めることが可能になります。
ただし管理人の権限は決まっていて遺産分割の協議の同意をするためには家庭裁判所の許可が不可欠となります。
また遺産分割協議とは内容の違いからなかなかすんなりいかないことも多いものです。
分割協議がまとまらないときには家庭裁判所に
請求して分割してもらうことも可能なのです。

2   遺産の分割について、共同相続人間に協議が調わないとき、
又は協議をすることができないときは、各共同相続人は、
その分割を家庭裁判所に請求することができる。
3   前項の場合において特別の事由があるときは、
家庭裁判所は、期間を定めて、遺産の全部又は一部について、分割を禁ずることができる。

遺産分割協議書に強い相続手続支援センター川崎駅前
ここには、電話は通話料なしのフリーダイヤルがあります。いつでも相続のことで連絡してみましょう。助けになってくれるはずです。
xn--8ltrsq61dc8f.jp/legacy/

»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む