遺言がみつかったとしても、遺産分割協議は可能

遺言とは、亡くなった方が財産を承継する人を指定しておくものです。しかし、遺言とは異なる遺産分割協議をすることも可能です。

遺言とは、遺言者が亡くなったあと、自分の財産の承継者を指定するもので
相続人らは、この遺言のとおりに従うことが期待されています。


“遺言がみつかったとしても、遺産分割協議は可能”の詳細は »

住民票と戸籍の附票の違いって何がある

『戸籍の附票(こせきのふひょう)』という言葉、きいたことがあるでしょうか。相違点があるのでポイントですよ

『戸籍の附票(こせきのふひょう)』という言葉、きいたことがあるでしょうか。
わたしは今の仕事に就くまで、存在すら知りませんでした。
必要にせまられなければ、もしかしたらお目にかからず一生を過ごすかもしれません。

ですが相続手続では必要とされることが多いです。
“住民票と戸籍の附票の違いって何がある”の詳細は »

適用したいのが相続における贈与税の特例

相続が発生した場合、遡って課税されることもあります。年間110万円を超える部分に対して課税される税率は、金額により10%から50%と徐々に高くなる、いわゆる累進課税制度を適用しています。

個人の贈与税の基礎控除は年間110万円とされています。
従って、その金額までは課税されないことになっています。
“適用したいのが相続における贈与税の特例”の詳細は »

生前の感情のもつれで相続手続きだけでもめごとに

特に相続税には申告期限がありますので、注意が必要です。

誰かが無くなると葬儀や49日など多忙な日々が始まり、
親族などは疲れがピークになります。
そのほか法要や御香典返し、納骨なども加わって御墓の準備なども
必要になってきますね。
“生前の感情のもつれで相続手続きだけでもめごとに”の詳細は »

相続争いを招かず、遺産分割を円滑にするために

法定相続人同士で、争うことが無いようにまたその関連した相続人にも配慮することが必要です。

相続で家族が気まずくなる・。
よく皆さんが経験されてしまうパターンです。
しかし裁判にまで発展してしまう場合はそれ相応の泥沼が予想されます。
“相続争いを招かず、遺産分割を円滑にするために”の詳細は »

相続手続きで遺言を取消できる場合

遺言を取消とは、取消によりいったん有効に成立した。遺言の効力は将来に向かって効力を失うことです。遺言は遺言者の死亡によって初めて効力が生じます。

遺言を取消とは、取消によりいったん有効に成立した遺言の効力は将来に向かって効力を失うことです。

遺言は遺言者の死亡によって初めて効力が生じます。
◆後の遺言が前の遺言に抵触する時
◆遺言者が前の遺言に抵触する生前処分や法律行為をした場合
“相続手続きで遺言を取消できる場合”の詳細は »

代襲して相続するものと欠格者

代襲相続とは、本来、相続人となるべき者が、相続開始前に死亡していたり、欠格・廃除により権利を 失った者に代わって、その子供達が相続する制度のことですよ

代襲相続とは、本来、相続人となるべき相続者が、相続開始前に死亡していたり、相続欠格・相続排除により相続権を失った者に代わって、その子供達が相続する制度のことです。
“代襲して相続するものと欠格者”の詳細は »

法律で細かく決まっている相続とみなし贈与

みなし贈与により取得した財産(みなし贈与財産)にも贈与税がかかります。

みなし贈与財産とは?
贈与とは、「あげます」
「いただきます」という双方合意の契約です。
“法律で細かく決まっている相続とみなし贈与”の詳細は »

債権の相続とそのときの対処法です

遺産の場合は利益だけでなく債権も相続してしまうのが特徴の一つですよ。

遺産の場合は利益だけでなく債権も相続してしまうのが特徴の一つです。
ですから民法では限定承認という相続は相続として承認し、債権も受け継ぐが債権支払いの責任は相続財産の限度内で行うという方法で財産の差額については自己財産を使ってまで債権を整理する必要はない、という見解がなされています。
“債権の相続とそのときの対処法です”の詳細は »

相続人の都合で遺産分割協議ができない

身内の行方不明に失踪の宣告をしにくい、信じがたいというご家族も多いようです。そんなときは遺産分割協議書を作るのも大変です

遺産分割の協議は共同相続人全員が
参加して行うことが基本となっています。

どうしても行方が分からなかったりして
相続人がそろわないときには失踪宣告を家庭裁判所に申し立てて審判を依頼することもできます。
民法30条によると「民法 第30条第2項
“相続人の都合で遺産分割協議ができない”の詳細は »

« 過去の記事